着物クリーニング 動画事例紹介

携帯でアクセス

着物 仕立て 仕立て直し - 伊藤和裁

しみぬき専科ブログ

しみぬき専科 facebook


赤文字は休日です。

着物クリーニング - 染み抜き

高度な知識と熟練の職人技による染み抜きの専門技術

和服のしみ抜き作業は、着物の生地に精通していること、汗染み、黄ばみ、泥、食べこぼし、カビなどシミや要因となる汚れの状態を正確に把握し、どのような染み抜き方法が最適かを見極める、和服専門の知識と高度なクリーニング技術が必要になります。間違った方法でのクリーニングは、たとえ汚れが落ちても着物の生地の傷みを激しくしてしまう場合がございます。
きものしみ抜き専科では大切なお着物を熟練した職人が一つ一つ手作業で丁寧にしみ抜きを行い、お客様にご満足いただける仕上がりをお約束します。

染み抜き事例染み抜きで落ちない場合の加工事例
染み抜きクリーニング工程料金

和式染み抜きの工程紹介(YouTube)


染み抜き事例 (通常の染み抜きクリーニング)

丸洗いによるクリーニングだけでは落ちない、染みこんだ汚れを落とすには部分的な染み抜きによるクリーニングが必要です。どのような汚れかによって対処方法が異なり、誤った方法ではきれいに落とすことができない場合があり、経験と知識が必要です。ここでは当店で行った染み抜きによるクリーニングの事例をご紹介します。

ページの先頭へ

染み抜きで落ちない場合のクリーニング加工事例

生地の痛みや破損、変色などによって、クリーニング処理で落とすことができない汚れもあります。
そのような場合は装飾や加工を施すことによって、もとの美しい状態に近づけるための様々な加工や技法があります。
ここではその技法を用いたクリーニング加工事例をご紹介します。

ページの先頭へ

染み抜き クリーニング工程

当社で行っている染み抜きの工程の一例をご紹介いたします。
まず、しみの部分をぬらし、しみをとり、乾かして確認。これをしみが取れるまで繰り返します。お着物についたしみはポンポンとやさしくたたいて落とします。徐々にしみを取っていくことで、手間はかかりますがお着物を極力傷めずにしみを落とすことができるのです。

染み抜き 工程1

1、ボールペンが着物についてます。

染み抜き 工程2

2、特殊な液でシミを取ります。

染み抜き 工程3

3、まだ少し残っています。次は別の液体を使ってしみを落とします。

染み抜き 工程4

4、確実に落とすことができました。

汚れの状況に応じて様々な薬品を使用しており、どれを使えばよりきれいにしみを落とせるかを判断するためには、熟練の技が必要です。

料金

着物についてしまったシミや汚れは長時間放っておくと黄変になり、完全に落とすことは困難になりますので、早めの対処をおすすめします。
当社では、シミの状態によって価格が変わりますので、随時お見積りをさせていただきます。
お見積り、お問い合わせは電話・ファックス・お申込みフォームがご利用いただけます。
お気軽にご相談ください。
尚、ご注文までの詳しいご説明は、ご依頼方法・流れをご覧下さい。

染み抜き 参考価格表

 

染みの大きさの目安とお料金(税込)

種類 小(直径1cm以下) 中(直径1cm〜3cm) 大(直径3cm〜)
変色のないもの 1,620 2,700 3,780
変色したもの 2,160 3,240 4,320
カビ落し 3,780
種類 特殊加工料金(税込)
柄足し 3,240
色ヤケなおし 5,940
金加工 5,940

着物のクリーニングのことならお気軽にご相談ください。

お問合わせフォーム

ページの先頭へ

ホームページ作成 ウィザード